Dr.Terukiの英語 話せるようになるまでの期間は何年?

この年になって初めて海外旅行に行くことになったものの、英会話に対する不安と恐怖だけが日に日に強くなっていたとしても、
英語を通じたのモノの見方が理解できるようになり、ニュアンスの違いも理解して英会話を使いこなせるようになる方法がこちら



あなたも↓のような悩みに貴重な時間を奪われるのはさっさと終わりにして、自分の実力をきちんとTOEICのスコアに反映させたいと思いませんか?


海外旅行で英語が全然通じなくて悔しい思いをした事がある

英語が話せないヤツと、見下した視線で見られることが多い

英語に費やしてきた時間とお金は思い出したくもない

■英語の発音がわかってくれない


日本人がTOEICを苦手にするのは間違いなく、学校で習ってきた英語とTOEICで出題される問題の違いを克服できないからです。

TOEICはどちらかというと口語的な内容が多いのに対して、学校英語は教科書的な英語。つまり書き言葉と話し言葉の違いが理解できていないわけです。


そこでTOEICのスコアを伸ばすために英会話スクールに通うのも一つの手段となります。生きた英語を学ぶのもTOEICの実力を高める効果は期待できます。

ただ勘違いしてはいけないのは、TOEICは口語(話し言葉)ではあるけれど、日常会話レベルの英会話ではありません。



スラング交じりの雑な英会話ではなく、政治経済のシーンでも使えるようなビジネス英語です。高度な英会話のスキルが求められます。

あなたがもし普段から仕事で英語に接する機会があるのであれば、目の前の業務に熱心に取り組むようにすれば自然とTOEICのスコアなんて上がっていくことでしょう。



けれどもTOEICのスコアに伸び悩んでいるからこそ、こうして情報収集に励んでいるんじゃないかと思います。それはそれで正しい判断だということができます。

Dr.Terukiの医師が教える科学的英語勉強法講義にもある通り、TOEICのスコアアップも英会話習得もちょっとしたコツを理解するだけで一気に実現することができるからです。



日本人が英会話・TOEICを苦手にするのは話し言葉と書き言葉の違いに振り回されているのに加え、さらに英語を日本語で理解しようとする傾向があるからです。

フランス語とかドイツ語のようにある程度の共通性がある場合には、こんなやり方をしても良いのでしょうが、日本語と英語はその成り立ちがまるで違います。



陸上競技に例えて言うならば、日本語は1万メートルとか長距離走なのに対して英会話は100メートル走のような短距離です。同じ陸上競技でも練習方法も違えば使う筋肉もまるで違います。

長距離が得意な選手が短距離でもすぐに実力アップできるかというと、決してそんなことはありませんよね?英会話を学ぶにはそれに特化した練習が必要になるわけです。



Dr.Terukiの医師が教える科学的英語勉強法講義ではそこで、海外ではメジャーな第二言語習得理論を採用。母国語とは違う言語を学ぶときに有効性が認められている世界標準の学習法(練習法)です。

この学習法ではどんな順番で英会話を学んでいくべきか?が既に体系化されています。あなたはそのカリキュラム通りにステップをクリアーしていけばOKです。


まずはじめに英会話の実力を高めるために欠かせない知識を身に着けていきます。特に重要なのがインプットとアウトプットの繰り返しです。

英会話をマスターするには当然ですが語彙力がモノを言います。最終的に語彙力の豊かさが英会話の表現力をどんどん高めてくれます。


英会話で本当に重要な文法なんて数えるほどしかありません。その文法に沿ってどんな単語を当てはめると良いのか?というのを繰り返し練習していけばそれでOKです。

必要な知識を吸収し続けさらにリスニングの練習も同時並行で進めるようにすれば、英語をそのまま理解できる英語脳を自然と手に入れることができますよ。


→→生きた英会話がグングン体にしみこんでくるDr.Terukiの医師が教える科学的英語勉強法講義の英会話ができない隠れた理由とは??




小野たかひと
サブリミナルブレイン
伊藤昭憲


Dr.Terukiのおかげで英語が話せるようになった

あなたも今まで耳が腐るほど「日本人は英語が苦手」という言葉を聞いてきたと思うし、実際に自分自身も英語が得意じゃないt感じていることでしょう。

仮に日本人100人を適当に集めても英語がまともに話せるのは1人いるかどうか。世界的に見て学力が高い方なのに、英会話の習得に関しては世界最低レベルです。


ただ実際には英語の学力に関していえば、世界でも類を見ないほど高い教育を受けているのは間違いありません。難関私立大学の英語の試験ともなると、英語ネイティブですら舌を巻くような問題が出題されていますからね。

私たちは英語を学問として接してきたせいで、英会話を苦手にしているだけです。読み書きの英語と話し言葉の英会話には根本的な違いあるのに、その点を一切学んでいないからこそ、英語が話せないわけです。



たとえば私たちは「please」を付けると丁寧語になると教わったものの、実際には「please」を文頭に着けるか文尾につけるかで丁寧さの度合いが違います。

さらに「could you~?」や「can you~?」も丁寧な言い回しになるわけですが、こちらもやはり丁寧さの違いがあります。


海外で誰かにお願い事をするのであれば、「could you~?」を使うのが最も無難です。日常会話の中では、ほぼ最上級にちかい丁寧な言い方になるので相手に嫌な顔をされることはありません。

あなたが英会話習得で本当に学ばなければいけないのはこういった知識です。そして覚えた知識を実践していくことが英会話習得には欠かせません。



Dr.Terukiの医師が教える科学的英語勉強法講義ではフレーズで英会話を覚えるとか英語を耳で覚えるとか、そんな断片的なやり方とはまるで違います。

言語というものを徹底的に科学的に分析し、言語学、脳科学といった視点から学習法が練り上げられています。


さらに世界中で一般的に使われている第二言語習得理論と融合させることによって学習効率を最大限に高めることに成功。

1日1時間の勉強時間を確保できれば、早い場合で3か月、どんなに遅くとも半年後には英語を英語のまま理解できる思考回路が出来上がります。



あなたも、間違った方向に進みかねない勉強の仕方を止めて、トータル的に英語に実力をのばせる勉強方法に切り替えるだけで、下のような結果を手に入れることができますよ。


海外に長期滞在してみたくなる

英会話が得意になる

外国人と話してギャグを言ってみたり出来る

英語がどんどん自分の中に入ってくる



頑張って英会話の勉強をしているつもりが逆に英語に対する苦手意識を強める結果になってしまう前に、
世界で認められているまともな英語教育でネイティブにネイティブレベルと言われる英会話力を手に入れませんか?

下手な教材を買わされて英会話習得のチャンスを奪われるのは今日で終わりにして、世界の情報に英語のままキャッチアップできるようになるにはこちら




金本博明
婚活NOTE
マスクリスニング